YOUTUBE

ジョージアンダンスをする時の装備品

ジョージアンダンス最大の疑問

ジョージア民族舞踊、ジョージアンダンスを知ってくださっている人なら必ず気になっているはずです。

 

足、痛くないの?

 

 

こちら痛そうに見える方がほとんどだと思いますが本当のことを言わせていただきます。

 

 

痛いんです。

 

 

稽古を続けるうちに痛みはどんどん減少していくわけですが、

最初のころはそれはもうひどいもんでした。

打撲… 捻挫…

etc…

 

しかし!

しっかりとした道具とテクニックを以てすれば

(あんまり)痛くないんですよ!!

 

ジョージアンダンスをする時の装備品

 

というわけで今日は、

ジョージアンダンサーの装備品!

紹介していこうと思います。

 

まずこちら

ニーパッド

膝のサポーターです。これはもう当然のごとく使っております。

これがないと…

膝が砕け散って無くなってしまいます。

 

バレーボール選手などがつけているような、日本でよく見るニーパッドの中には

スポンジやウレタンが入っておりますが、

ジョージアのはそんな生温いもんじゃあございません。

ゴム製です。分厚いゴム。もはやタイヤです。

これを着けると…

   

膝中心の生活(古ッ)ができるようになります。

ニーターンなんかもできるようになります。(要練習)

静止画が非常に分かりにくいのでぜひ動画の法ご覧ください。

トウパッド

そしてもう一つ大変大事なのがこちら、トウパッド

 

おいおいおいおいおい

なんだよこんなタネがあったのかよ!

 

とお思いになられた方。

これを着けていたとして、

洗練された技術が無ければ何の意味もない勢いで怪我をします!

材質は膝と同じゴム製。しかしこちらはウレタンの物もあります。

 

これをつけると…

背が高い状態で歩くことが可能になります。(要練習)

痛いのが心配な方は2個重ねて入れたりもします。

 

そしてこの二つを合わせ持って、且つしっかりした技術を身につけると、

こんなのや

こういった動きができるようになります。(最大難度)

こちらもぜひ動画をご覧ください。

まとめ

ジョージアンダンスの大胆なムーブメントの陰には、こういった仕掛けがあったわけです。

しかし何度も言いますが

テクニックをちゃんと身につけないと、道具は全くと言って良いほど機能しません。

 

現地にて修行をしっかり積んだような、ちゃんとしたジョージアンダンスの講師に巡り合うまでは

皆さん真似をしないことをお薦めします。