YOUTUBE

ジョージアに来た当初困ったこととその対策

ジョージアに初めて来たときのこと

僕がジョージアに初めて降り立ったのは、2018年6月末。
この国の民族舞踊、ジョージアンダンスだけを追い求めやってまいりました。

今日はそんな僕が経験した、ジョージア初心者時代苦労したこととその対策をお話ししていこうと思います。

当時の状況

昔からそんなに勉強は好きじゃなく、好きなことを追求し続け舞台俳優に行き着き、
ひいてはこのジョージア民族舞踊に出会い、ジョージアへやってきました。

 

舞台に関する勉強は当然のごとく続くのですが、

英語とか海外に必要な基本スキル的なものは何も持っていませんでした。
ジョージアに行こう!決めたときにも勉強はしませんでした。笑

 

あ、でもジョージア語の文字と数字だけちょっと覚えてから行きましたよ!
1〜8までの数字がわからないと踊りのカウントがわからないので。

 

そう、なんとノグチマサフミは
幼少期家族旅行でグアムに行ったことがあるのが唯一の海外経験。

超海外初心者なのです!

と、いうわけで
ジョージアへ来て問答無用で一番困ったのが、

言葉の問題 です!

当然ですね。

困ったこと一覧

・スマホのsimが一人では買えない
・現金を退避させるための銀行口座が一人では作れない
・行き先を伝えられないのでタクシーに乗れない
・スーパーの肉売り場が量り売りなので注文できず肉買えない
・電話番号を聞かれても電話で話せない
・住まいを探せない

 

思いつくだけでこれだけ。
これって生きる上で相当な不自由だと思います。
上記のほとんどは素晴らしき友人たちの協力を得てことなきを得ましたが、

本当にお世話になりました。

 

人間、言葉がしゃべれないだけでここまで生きることが不自由になるとは思ってもみませんでした。

日本にいたらこんなことに気づこうとすらしなかった。

 

ジョージアに来てからジョージア語を習い始め、英語でコミュニケーションが取れるときは英語で話し、
なんとか生活に困らないところまでは言語能力が身についてきたという状況です。
(一年ちょっと現在)

なので、英語とジョージア語のレベルが全く同じです。
こんな人ほかにいるんだろうか?

ジョージアの言語

ジョージアにはジョージア語という固有の言語があります。

アルファベットは上の画像のもの33文字で構成されていて、なんだか似たような文字が多くて覚えにくいと感じると思いますが、すぐに慣れます。

日本語のアルファベットの量に比べたら33文字くらい覚えられる気がしてきませんか?

 

国民は基本的にこのジョージア語を話します。

英語が通じる人も最近は多いですが、

日本語しか喋れない僕には何の関係もありませんでした。

 

覚えておくと便利な言葉

•გამარჯობა ガマルジョバ (Hello)

•უკაცრავად ウカツラバド (Excuse me)

•მადლობა マドロバ (Thanks)

•ბოდიში  ボディシ (Sorry)

•დიახ   ディアフ (Yes)

•არა   アラ (No)

•ეს エス(This)

 

これらを知っていると…

ジョージア人に喜ばれます。笑

 

至極個人的になのですが・・・

最後の「ეს」ってのが一番便利です!笑

2文字ならすぐに使えるし、お店とかでも「これ」とさえ伝えることができれば物が手に入ります。

なんか初歩中の初歩ですが、当初の僕はそんなレベルでした。

 

あまり一気に詰め込みすぎるとどれが大事かわからなくなるので、今回はとりあえずめっちゃ簡単にこのくらい。

色んな生活の場面で使うものについては今後深掘りしていきたいと思いますので、ぜひこれからもご覧になってください。

まとめ

海外によく行く人はこの記事を読んでも当たり前としか思わないと思いますが、
きっと僕がそうであったように日本を出たことのない日本人って多いと思います。
海外に出るなら言語を勉強してった方が良い!!

と言われてもなかなかやる人も少ない気がする。
僕がそうであったように。

なのでこういうことにしておきます。

「言語がわかると海外の暮らしにかなりの精神的な余裕が生まれる!!」

これはすごいメリットです。

ジョージアに関わらず、旅行でも移住でも言葉さえわかればあらゆることがスムーズに運びます。
英語はとっても便利です。
一番おすすめです。

しかしジョージア人はジョージア語を喋る外国人に出会うとすごく嬉しそうにコミュニケーションを取ってくれます。
ジョージアに来る際は、ぜひジョージア語の挨拶をちょっと覚えてから来たりするとより楽しい旅になるかもしれませんね!

今後もジョージアの簡単なコミュニケーションに使える言葉とかも紹介していこうと思ってますのでぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

それでは今日はこの辺で。