YOUTUBE

ジョージアの大学生活

ジョージアの大学生活

日本の大学しか経験したことがないので、

海外の大学ってどんな感じなんだろう?

と僕はずっと気になってたんです。

なので取材してきました!!

今回お邪魔したのは、

“Free University of Tbilisi”

『自由大学』

日本語クラス!

大学で日本語の講師を務める「コテ先生」と以前から交流があったため、見学させていただくことができました。

ジョージアで日本語を勉強している大学生たちは、いったいどんな授業をしているのか見ていきましょう!

授業内容

まず授業のはじめに前回勉強したであろう漢字の復習をしていきます。

あれ?

 

結構難しくないですか?
やばい。

漢字は外国人にとって最も苦戦する日本語の文字ですね。
どんな外国語も喋るのより書く方がだいぶ難しいと思います。

続いて始まったのは、

四字熟語かるた!!

まず先生が意味を読み上げ、
手が出なさそうだったら熟語を言う方式。

実はカメラが回っていないところで僕も参加したのですが…
普通に自信満々にお手つきしてめっちゃ恥ずかしかったです。

 

難しいよこれは!!

 

生徒さん達はみんなとても楽しそうに和気藹々。

十人十色
四苦八苦
二束三文
千載一遇
八方美人
以心伝心
猪突猛進
etc…etc…

札を獲得したら解説を読み上げて、意味を理解していくという勉強方法でした。

なぜ日本語を勉強するのか

数ある言語の中でなぜ日本語を勉強し始めたのか気になるところです。

思いはそれぞれ

・日本の文学に興味がある
・書道に興味がある
・日本の音楽やアーティストに興味がある
・自分の力を試したい
・日本のアニメや漫画が好き

8000キロ離れたジョージアの地に住む人達が、日本のこんな部分に興味を持ってくれていると考えると嬉しいですね。

日本のイメージは?

簡単に聞いてみました。

ジョージアの大学生が気になる、不思議な日本の文化は?

 

 

・「ぴかぴか」や「キラキラ」という言葉がかわいい

・生の魚を食べること

・電車混みすぎて乗れない。

 

普通に日本で暮らしていると考えもしないことを不思議に感じるものなんですね。

 

まぁ、3つ目はすごく思いますが。

 

まとめ

今回の取材で気づいたのは

勉強をすることそのものを楽しんでいる学生しかいなかったこと。

学生の中には既に日本語で旅行のガイドの仕事をしている子もいたんですが、
とにかく日本語を使えることを楽しんでいます。

日本の教育も、なるべく楽しんで自発的に勉強していけるような内容であるべきなんだなぁと感じました。

つまるところ…

コテ先生の組む授業内容が素晴らしい!!